2008年04月01日

生活しつつ祈りつつ

なぜか覚えていた言葉で
「生活しつつ祈りつつ」と言う言葉がありますが、なんというんでしょうか、バカの一つ覚えのようにして覚えておりました。この言葉の話が本部の教祖殿での講義で聞いたことがあるといったら
「すごいねぇーよくおぼえてたねぇ」
なんて言うんですよ。ちょっと得意になったものでした。

ところが実際には神慈秀明会に参加してそれが出来るでしょうか。
特に旧体制化の秀明会でできたのでしょうか。
ネット上でこの手のネタを書いている人ならこう言うでしょう。
「むり」
それは自分が貧乏になることが美徳とされ、中には両替してもらいたいのに「その一万円そのまま寄付させていただきなさい」なんて言う人が今だ活動をしている始末。
「生活しつつ祈りつつ」が「祈りつつ生活しつつ」と逆になっても別に構わないとは思いますが、その「祈りつつ」が生活を淘汰するような真似は絶対避けるべきです。
例えば献金のために家族を蔑ろにするとか、借金しまくるとか。

僕が神慈秀明会についてネットで調べることにしたのが、ミクシーでコミュニティーがあるかどうかを探そうと思ったことがその事の始まりです。なんと…ありませんでした。無いどころかやっぱり批判的な検索結果。ミクシーでこれですから、ネット全体でも批判的な検索結果ならどうにもならないでしょう。「本物の」信者サンはインターネットってやってないのかな?
posted by yaikei at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 他のものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神慈秀明会なんか大嫌い。
おかしくなりそう。
母親が手かざししかしてくれない
もう親子の縁を切りたいよ
Posted by 瑠璃 at 2008年07月18日 06:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91896962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。